2012年3月1日

金魚、危機一髪

ご主人様の3人のモンスターのうち、真ん中の小学2年というグレードのモンスターは危険です。このモンスターは、暴れん坊で雑です。

このモンスターもLemさんをかわいがろうとして、Lemさんに抱きついてきますが、Lemさんは必死に逃げ出そうとします。

このモンスターは金魚を飼っています。でも、世話をしているのはご主人様みたいです。
去年の七夕の夜店で買ったものらしいです。当初は10匹いたらしいですが、今は二匹だけです。モンスターの部屋に金魚はいます。 金魚がいるので、Lemさんはめったにモンスターの部屋には入らせてもらえません。

昨夜、ご主人様と一番大きなモンスターが二段ベッドの組み立ての続きをやっていると、Lemさんが入ってきました。

Lemさんは金魚に興味があるようです。
「おまえ、うまそうだな。」って。

でも、しばらく見ていたら別の部屋に行ってしまいました。金魚の危機は去りました。しかし、金魚は自分の危険には全く気がついていないようでした。


もう少し大きくするつもりなんでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿