2012年2月28日

一番大きいモンスター

Lemさんは、家族の中で一番ご主人様が好きです(ご主人様調べ)。ご主人様はかまって欲しいときにかまってくれて、そっとしておいて欲しいときにはそっとしておいてくれます。
ご主人様には3人のモンスターがいます。一番大きなモンスターは、小学6年生という地位らしいです。

今日も、ご主人様がくつろいでいると、一番安全なご主人様の横に来て、うとうとし始めたLemさん。一番大きなモンスターはそれを見て、ご主人様を追い出してLemのそばでくつろごうとします。でも、一番大きなモンスターは、やたらとひっついてきますが、乱暴ではないのがせめてもの救いです。
大きなモンスターは側に来て、やたらと観察してきます。

肉球が少しでも動くと、「肉球が動いてるよ」ってご主人様に報告します。観察に飽き足らず、その後、肉球とか体をつついてきます。

全く大きなモンスターはうっとうしいですね。モンスターはどんどん大きくなるらしいので、ご主人様を食べた後に、モンスターも食べてやるのです。ガオー!

0 件のコメント:

コメントを投稿